【フィリピン】お金を貸して返ってこない問題と向き合う/対策

フィリピン人へお金を貸すとほとんど良い結果になりません。特に給与から天引きという方法等が取れない場合や、親戚、知人、友人に貸す場合は特にです。

ただ、フィリピン人の知り合いが多くなってくると「お金を貸して」とお願いされる場面が必ずあるでしょう。その時にどうするか、それについて考えます。

フィリピンでお金を貸すと返ってこない

貸さない方がいい理由

繰り返しになりますが、結論はお金は貸さない方が絶対にいいです。その理由は以下のようにいくつかあります。

  • 返してくれないことが多い
  • 一度貸すと何度も頼みに来るようになる
  • 人づてで別のフィリピン人も頼みに来る
  • 関係が壊れる
  • 善意で貸しても不利益を被る

優しい日本人

お願いされる金額は日本人からすると少額と思う場合が多いです。「それくらいなら…」と深く考えずに貸します。困った人を助けたという自己満足を得ることは出来ますが、問題はその後に起こります。

法的書類のないやり取り

多くの場合、口約束だけで貸します。ただそれは法的には「お金をあげた」のと同じです。手書きで一筆書いてもらい、サインをしてもらう人もいますが、基本的には効果はなく無意味です。

もし貸すことになった場合は、本人と一緒に身分証明書を持って弁護士事務所に行き、一緒に書類を作成しましょう。そしてそれにかかる費用は相手に負担してもらいましょう。従業員に貸す場合等は給料から天引きにすると良いでしょう。

とにかく貸さない方がいい

いろいろな事情や理由でお願いされますが、後々面倒なのでとにかく貸さない方がいいです。こう書くと誤解されますが、フィリピン人全員が貸したお金を返さないという訳ではありません。
私も過去にそれなりの人数のフィリピン人にお金を貸しましたが、しっかり返す人もいました。ただ返さないフィリピン人も多いです。その時の経験で分かったことは以下のことです。

誰が返すか、返さないか判断できない

この人なら絶対大丈夫という人が結局返さなかったり、この人はたぶん返してこないだろうという人がちゃんと返したりと様々です。今までの相手との関係性から判断することが多いと思いますが、あまり役に立ちません。

貸した後に被る被害

親切心や人助けだと思って貸しますが、恩を仇で返されるようなことが起きると、とても残念な気持ちになりますし、たくさんのマイナス面があり精神的にも被害を被ります。

裏切り

自分が助けないと誰も助ける人がいないと思い、善意でお金を貸しても裏切る相手は多いです。あなたの目の前から消えるフィリピン人もいれば、図々しく逃げもしないフィリピン人もいます。

このような相手には催促しても無駄に終わることがほとんどです。さらに催促している最中に恩を仇で返されたような気持ちにもなりますし、催促すること自体がとても手間がかかります。

返さない相手には何をやっても無駄

口約束だけで貸したお金が返ってこない場合は何をやっても無駄です。最初はあの手この手を使って返済してもらえるようにトライすると思いますが、すぐに無駄だと分かります。そして外国人のあなたには基本的に諦める以外の選択肢はありません。逆に下手なことをすると問題にすらなります。

返さなくてもいいと思っている

フィリピン人があなたからお金を借りようと思う理由は、あなたがお金を持っていると思うからだけではありません。

あなたが外国人だからフィリピンのことを知らないし、何かあってもこっちの方が上手なので、最悪返さなくていいと思っているからです。

事実、本当にお金が必要できちんと返すつもりであれば、借りられるところはいくらでもあります。利息を低く抑えたい場合は、銀行やPag-IBIGでも借りることが出来ます。もちろん手続きにかかる時間が必要なので、その時間がないという理由は一見納得出来ますが、利息が高い所の場合はそれほど時間はかかりません。

フィリピンだと個人でお金を貸すようなことをやっている人物が必ずいます。その人の所にいくと、担保を取られたり、うまく借り逃げ出来ないような仕組みになっています。

これらを避けてあなたからお金を借りたいというのは、一番楽にお金を借りることができ、最悪返さなくても何とかなるからです。

普通は家族、親戚、友人にまず頼る

フィリピンでお金の貸し借りは一般家庭だと珍しくありません。普通は親や兄弟、親戚、友人などに頼みます。血縁関係があっても利息をしっかり付けることすらあります。

そして借りて返しては、また借りるという自転車操業のようなことをしている家庭も多いです。

本当に給料で返せるのか

とある民間調査会社が発表したフィリピンの平均月収は2020年現在で15,200ペソ、日本円で約33,000円(手取)となっています。都市部と地方では給料の差は大きく、また平均となりますので、一部の高額な給料を得ている人が平均値を上げている可能性があります。

この33,000円という金額で毎月やりくりをしつつ、あなたから借りたお金を返すようになりますが、本当に出来るでしょうか。借りる金額とその人の収入をよく考える必要があります。

はっきり断る方法

先程も書きましたが、借りる方はいろいろな理由があると思いますし、実際にはそれが本当かどうかは分からない部分もあります。その為、理由によって貸す貸さないを決めるのはやめた方がいいでしょう。

理由は関係なく貸さない方針

理由を聞くと、断りづらいことも多いです。病院にかかる費用、子供の学費等のことは特にです。よって理由に関わらずお金の貸し借りはしないということをはっきり伝え、それ以外で手助けできることがあればするということにすると良いです。

ポイントは理由を聞かないことです。そして貸さないからと言ってあなたが悪いことをしているという風に考えないことです。

戦略的に貸すことはいい

お金の貸し借りで立場を得ることは良いことではありませんが、あなたがもしフィリピンでビジネスをしている場合は、有効に使えることもあります。

フィリピンではお金を貸してくれる上司は理解のある人という風に考える傾向にあります。それに従業員がお金のトラブルを抱えているのは仕事の面でもよい影響はありません。

前述したように弁護士事務所へ行き、給料天引きという形にして、それでも生活出来るような金額を貸すことは悪くありません。ただしこの場合は金額を相手に合わせてしっかり適切に決めることが重要です。

最後に

もし返済されなくてもいい、お金を貸すことで助けたい、と思っている場合は個人の自由です。ここでは返済してもらいたいお金を安易に貸すことはあまりうまくいかないことが多いので、安易に貸すことはもちろん、極力貸さない方がいいということを解説しました。

貸したお金が返って来ない時に感じる不義理、またその相手との関係が壊れることは誰しも避けたいと思います。フィリピンで生きていくのであれば、この辺りの問題ともしっかり向き合う必要があります。

トップへ戻る