【フィリピン生活】言葉の重要性 / 英語とローカル語

フィリピンで生活するにあたって、英語を話せる必要があるのか、また現地で話されているローカル言語の必要性についても書いていきます。

英語は必須、でもそれでは不十分

フィリピンで生活する日本人にとって最低限必要なのはまず英語です。英語さえ話すことができれば何とかなります。
ただフィリピン人は全員ちゃんと英語が喋れるとよく勘違いされていますが、それは間違いですので注意しましょう。

確かに国の第二言語は英語ではありますが、英語が話せないフィリピン人はたくさんいます。ただ行政の公式文書などはほぼ英語で書かれていますし、生活する上で必要な標識や案内、また行政機関や病院等の職員は英語が分かりますので、英語が出来ればある程度何とか生活出来ます。

英語だけでは快適さに欠ける

では英語だけでいいかと言うとコミュニケーションの部分ではベストではありません。フィリピン人達はあなたの前では英語を話すと思いますが、フィリピン人同士の場合はその地域のローカル言語を話します。

あるある

もしあたなが複数のフィリピン人のいる場所に行った場合は、最初は気を使って英語を話してくれると思いますが、しばらくするとその地域のローカル言語だけで話し始めます。

フィリピン人同士で英語を使って話すというのは彼らからするとむず痒い感じです。日本人同士なのにわざわざ英語だけで会話するのに似ています。

不都合が多い

複数のフィリピン人とあなたが一緒にいる場合、フィリピン人にとって都合の悪いことはローカル言語で話します。悪い例えになりますが、目の前でフィリピン人があなたを騙す算段を隠すことなくすることも可能なのです。

その他、普段から外国人と接する機会のないフィリピン人や、十分な英語教育を受けてこなかった場合などは英語が通じないことがあります。またローカル度の高い場所やお店になればなるほど、英語を使いません。普通にその地域の言葉を使って商売をしていますので、それらの人と関わりを持つ場合は英語だけでは不十分です。

英語だけで大丈夫な人

フィリピンで暮らす上で下記のように人との関わりやコミュニケーションが限定的な人は英語だけで大丈夫でしょう。

  • 自分に関係する人すべてが英語が堪能
  • 仕事場も家庭も英語で、その他の関わりがない人
  • 新しい人間関係を作ったり、新しいこと始める機会が無い人
  • 生活する上で自分の知らない別の言語が頻繁に使われていても気にならない人、また不都合を感じない人

私は英語とタガログ語を使い分けますが、タガログ語を学んだきっかけは一番最後の「生活する上で自分の知らない別の言語が頻繁に使われていても気にならない人、また不都合を感じない人」ではなかったからです。

半ば必要に駆られて学んだタガログ語ですが、フィリピン人にはとても好印象になっています。外国人が現地の言葉を話す瞬間に立ち会ったことがないフィリピン人が99%ですので、確実にびっくりされますが、それは親近感を含んだ意味です。

結局英語は外様言語

最初にも書きましたが英語さえ話せれば何とかなります。だいたいのフィリピン人とも簡単な会話であれば出来るでしょう。ただフィリピン人からすると英語は結局のところ外様言語になります

彼らにとって英語で話さなければならない相手というのは、同じ場所にいても違う世界に住む相手なのです。本当の意味でフィリピンで生きるという場合は地域のローカル言語は必須です。

ローカル言語

ローカル言語は分かると便利です。フィリピンではフィリピン語(タガログ語)が第一言語とされていますが、実際は地域によってまったく違う言語を使います。

つまりタガログ語圏、ビサヤ語圏、イロカノ語圏などそれぞれの地域によって異なります。これらメジャーなローカル言語の他に約170の種類の言語があると言われており、実際に各地でいろんな言葉が話されています。

方言くらいの違いでしょ?

タガログ語は基本的にはみんな分かります。ただ全員が流暢に話せるかというとそうではありません。タガログ語圏以外に住むフィリピン人にとっては、違う言語を喋っている感覚です。

フィリピンは島国ということもあり、たくさんあるローカル言語はそれぞれ似ていません。地理的な要因で似ている言語もありますが、基本的にはそれぞれ別の言語のように異なります

その為、もしフィリピンのローカル言語を学ぶ際には、ちゃんと自分が生活する地域で話されている言語を学ぶ必要がありますので注意しましょう。

まとめ

英語だけでも、現地の言葉だけでも生活は出来ますが、不自由する場合がありますので、興味がある場合はローカル言語も勉強すると便利です。今、両方出来ない場合は、英語⇒現地のローカル言語の順番で学びましょう。

よくフィリピン人は第二言語の英語をストレスなく話すと書いてありますが、あれはフィリピン英語留学においてフィリピン人は流暢に英語を話すという宣伝文句ですので、間違ってはいませんが、全員には当てはまりませんので注意しましょう。

またよく英語も現地の言葉も出来ずにフィリピンで生活する人はいますが、コミュニケーションの問題だけではなく、安全面でも問題がありますので最低限英語は出来るようにしましょう。

トップへ戻る