【全部分かる】フィリピンでポリスレポートの取得方法

フィリピンポリスレポート

フィリピン滞在中にひったくり被害や所持品の紛失をしてしまった場合、保険請求の為にはポリスレポートが必要になります。またパスポート等の重要書類を紛失して再発行を行う場合も同様です。今回はその際の手順と注意事項となります。

持っているだけで携行品30万円まで補償される海外保険が付きのクレジットカード

まずは弁護士事務所

ポリスレポートと言う名称ですので、先に警察に行く方が多いですが、まず先に弁護士事務所に行く必要があります。理由は Affidavit of loss (AOL)の取得です。これは簡単に言うと、紛失したのは虚言ではないという証明書になります。

AOLには紛失した日時や場所、経緯が記載され弁護士がサインをします。警察にポリスレポートを発行してもらう場合にはこのAOLが必要になります。

弁護士の選び方

基本的にどの弁護士でも可能です。ほとんどの方が弁護士の知り合いはいないと思いますが、街には小さな弁護士事務所はそれなりの数あります。近所の人に聞いて一番近くの弁護士事務所に行くのが便利です。この書類はフィリピンでは珍しくありませんので基本的にその場で作成してくれます。

AOLの費用

弁護士事務所によって異なりますが、基本的には150~300ペソ程度です。その場で書類と引き換えに支払いとなります。

注意事項

実際に書類(AOL)を作成するのは弁護士ではなく、事務所のスタッフがテーンプレートに必要事項を打ち込むことが多いです。必ず内容に間違えがないか確認を行いましょう。名前などもよく間違えられます。英語が分からない場合は分かる人と一緒に行くと安心です。

Affidavit of loss
Affidavit of loss サンプル

警察署に行く

AOLを手に入れたら次は警察署です。その地域でポリスレポートを発行しているポリスステーション(警察署)に行く必要がありますので、分からない場合は一番近くの警察署に行き場所を聞きましょう。

警察署でやること

警察署では事情を説明し、先ほど取得したAOLを提示しましょう。そしてポリスレポートをくださいとお願いするだけです。
発行費用は掛かりませんが、extract blotter (調書のようなもの)が100ペソ程度必要になります。その警察署もしくは市役所のカウンターで支払いとなります。その後、支払いを証明するレシートを見せることでポリスレポートが発行されます。担当者の手が空いていれば当日発行してくれますが、そうでない場合は翌日以降となります。

注意
ポリスレポートも受け取ったら必ず全てチェックしましょう。ここでも単純な記載間違えがよくあります。

以上がポリスレポートの手順となります。弁護士事務所や警察署の担当者が不在の場合は数日かかることがありますが、焦らずに落ち着いて対応しましょう。

ちなみに

ポリスレポートは「警察が発行する証明書」ということになります。実際の書類にはポリスレポートとは記載されておらず証明書を意味する「CERTIFICATION」という題になっています。盗難や紛失を警察に届け出た証明書と考えるといいかと思います。

ポリスレポートサンプル
左がフィリピン国家警察のマーク。右は発行する地域の警察のマークとなります

ワンポイントアドバイス1

フィリピンで日本人が紛失して特に困るものはパスポートです。自分は大丈夫と油断せずに必ずコピーは最低1部保管しておきましょう。パスポートを紛失時にコピーがある方がよりスムーズに事が運びます。

ワンポイントアドバイス2

フィリピンでは担当者レベルで作業スピードや言うことが異なる場合があります。場合によっては取り込んでいる時などは後回しにされますので、相手の気分を害さない程度に上手に手続きを促して進めましょう。じっと黙っていると放っておかれることもあります。

まとめ

まずは弁護士事務所に行き、Affidavit of loss (AOL)を手に入れましょう。その後にポリスレポートを発行してくれる警察署に行って事情を話し、AOLを見せて手続きをしてもらいましょう。
慣れないことなので分からないことも多いかと思いますが、この記事を参考にしていただければと思います。ただまずは身の回りの物の紛失、盗難に気を付けましょう。

トップへ戻る