【子供×英語】一生に一度の敏感期を逃すと大きなロスになる理由

子供の英語学習と敏感期

私は大人になってから英語を学びましたが、その時につくづく感じたのは子供の頃から英語に慣れ親しんでいればどんなに楽だっただろうかということでした。

これは大げさな私の感想ではなく、研究でも明らかになっています。というのも、人間には言語を習得するにあたって敏感期とそうでない期間があります。敏感期とは3~7歳になりますが、その期間に英語を学習した場合、英語ネイティブスピーカーと同等のレベルに達することが出来ると言われています。

帰国子女

帰国子女は幼少期に海外で育ち、その後に日本に帰国した人達のことですが、彼らを見れば子供の時の環境が言語習得に影響を与えるのは明らかです。

私は英語を話すたくさんの日本人と仕事を通じて出会ってきましたが、当然ですが英語の勉強を始めた年齢が早ければ早いほど流暢で上手に話します。特に大きな違いを感じるのは発音です。

発音

先に私個人の意見を言うと、発音はもちろん重要ですが最重要ではないと思っています。なぜなら世界には様々なアクセントとイントネーションの英語が存在します。
アメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語など、英語が同じ母国語でも発音やアクセントは異なります。

ただ彼らのような発音が出来るというのはそれだけで純粋に羨ましく感じます。なぜなら大人になってからでは本当のネイティブ発音の習得はほぼ不可能だからです。

敏感期を過ぎて大丈夫

言語の習得が容易である敏感期を過ぎると時間の経過とともに言語習得の難易度は高くなります。ただもちろん不可能ではありません。

これは私の経験からですが15歳くらいまでに長期間英語を学ぶ場合は知識や発音も含めて柔軟に習得可能です。ただやはりネイティブスピーカーのようになることは出来ません。

年齢が低ければ低いほど自然と英語を習得できるのは事実です。そして言語を学ぶ上で最も適切な敏感期は人生に一度しかありません

英語が必要な世の中

これから英語を話せる人の需要は今以上に高くなります。インターネットの普及により世界中に仕事のチャンスがあり、当然そのチャンスを企業は逃しません。

日本人は世界的に見てとても優秀ですが、最大の弱点は単一言語である日本語を話すということです。しかし将来を見据えている人はそれに気付き、英語学習に時間とお金をかけて自分に投資を行っています。

英語は世界共通語です。英語を話せると人生が変わるとは言いませんが、話せないと選択肢が狭めることになることは確かです。そして将来的には英語を喋れるのはスタンダードになり、特別ではなくなります。その時に英語が喋れない場合は大きなハンデキャップを背負っている状態になります。

楽しく学ぶことが重要

子供に英語を学ばせる場合、親の身勝手な期待でスパルタになってはいけません。そんな事をしなくても彼らは遊んでいるような感覚で自然に英語を習得することが可能です。頭で理解するのではなくそのまま吸収します。大人の英語学習プロセスとは違うということを忘れないようにしましょう。

子供に対して厳しくしてしまうと英語が嫌いになってしまうかもしれません。子供の上達を願って手助けするのであれば「楽しい・好き」という感情を伸ばすようにサポートしてあげることが大事です。

留学する必要なし

例えば両親のどちらかの仕事の都合でアメリカに駐在することになり、子供も一緒に連れて行くというのは英語環境としては幸運ですが、全ての人にそのようなチャンスはありません。また純粋な語学留学もお金がかかります。

敏感期であったとしても大事なのは継続することです。例えば3ヵ月間という短期の期間に5歳児を留学させても得られるものは限られます。しかし5歳から週3日で数時間の英語の勉強を日本で5年間継続した場合は効果絶大です。

子供向け英語教室

塾に通うように子供向けの英語教室に通うのはとても効果的です。対面で直接コミュニケーションが取れますので仕草なども感覚的に覚えることができ視覚効果も高いです。

【公式】子供用【シェーン英会話】
ネイティブの講師が多く、料金も安いのは老舗のシェーン英会話

【公式】ベルリッツキッズ

大人向け英会話教室でも実績のあるベルリッツの子供版

オンライン英会話

私が子供の頃と異なり今はインターネットがあれば英語の授業を受けることが出来ます。この唯一のデメリットは対面でないということですが、メリットは費用が安い、家で授業が受けられるので安心ということです。レッスンの様子も横から見ることも出来ます。

【公式】月額6,480円でレッスンが24時間受け放題!
予約不要で定額制/24時間いつでもレッスンし放題なのがうれしいネイティブキャンプ

動画やゲームで英語に親しむ

子供は特に動画や映像から多くを学びます。その証拠に好きなアニメやCMからフレーズを覚え、楽しそうに言葉で発します。またゲームに関しては時に夢中になり過ぎることも多いです。
このように夢中で楽しんでいることに英語を加えてあげると英語力は自然と上がります。そして毎日遊ぶことで英語特有の音を自然に聞き取れるようになります。これは遊びから学ぶ重要なインプットです。

大人になってからのインプットはなかなか自然には出来ませんが子供はこれをとても自然に行います。普段から英語に触れされるには一番効果的です。どうせ遊ぶなら学ばせてあげましょう。

【公式】楽天ABCマウス
ディズニーアニメやゲームで遊びながら育てられる子ども英語脳

外国人への苦手意識

仕事から帰宅中に身長2mのアフリカ系アメリカ人に突然話しかけられたとしたら、あなたはビックリするでしょうか?もしビックリする場合は外国人に慣れていないということになります。

かつて私も外国人に対して苦手意識がありました。理由は単純で外国人と触れ合う機会が無く、彼らが喋っている英語が理解出来なかったからです。

ただ英語を学び、外国人と話す機会が増えるにつれ、自然と苦手意識はなくなりました。要するに慣れたのです。これはとても重要で子供の頃から外国人と触れ合う機会を持つことにより苦手意識を持つことはありません。そして国籍の違う友達との触れ合いの中で多様性も培われます。

多様性

多様性はダイバーシティと言われて広い意味でも使われますが、日本人しかいないコミュニティでは多様性を養うのは難しいです。肌の色や考え方、文化などがまったく違う人々とのコミュニケーションの中からでしか経験出来ないことが確実にあるからです。

多様性は本当に重要です。英語という枠を超えてこれからの時代を生きていく上で「自分とは違う人や考え方」に対してどのように受け止めて対処するのかはその人の能力の一つとなります。この重要な部分も幼少期に英語を学ぶ過程で自然に養われていきます。

一番注意すること

繰り返しになりますが子供の英語学習にあたって一番注意することは英語嫌いにさせないということです。英語のテストで高得点を取らせる方法をここで伝えている訳ではありませんので注意しましょう。子供は環境さえ整っていれば放っておいても大人と違う方法で自然と英語を身に付けます。

ディズニーアニメやゲームで遊びながら育てられる子ども英語脳
【公式】楽天ABCマウス
トップへ戻る