【キッチンカー】一番簡単にキャッシュレス化する方法/スクエアターミナル

実店舗を持たず固定費を限りなく抑えて飲食店を開業したいと思っている未来のキッチンカー(移動販売車)オーナーも多いと思います。今回はそんな方に向けて「お客さんの支払い方法はどうするの?」という決済に関する疑問について解説します。記事の後半には初期費用約47,000円のみでキッチンカーを完全キャッシュレス化することが出来る「スクエアターミナル」という話題の小型端末も紹介していますので最後までお読みください。

※この記事には一部PRが含まれます。

キャッシュレス化するメリット

まずなぜキッチンカー経営においてキャッシュレス化が重要なのかということを考える必要がありますが、それには主に3つの理由があります。一つ目はお客様の満足度と利便性の向上、2つ目は営業における効率化、3つ目は経営のスリム化です。ではそれぞれについて少し細かく確認していきます。

キッチンカー キャッシュレス化の3つのメリット

お客様の利便性の向上

これは自分がお客様の立場になって考えるとすぐ分かると思います。例えばもし支払い方法が現金のみだった場合はどのように感じるでしょうか。私であれば「このキッチンカーは少し時代遅れだな」とか「ポイント貯めたいのに残念」というネガティブな気持ちになります。キッチンカー経営のみならずビジネスで大切なのはお客様の満足度です。これは提供する料理が美味しいということだけではなく「購入するまでの全ての過程」において求められますので「支払い方法が面倒で不満がある」というのはビジネス上マイナスになります。そうすると本来リピーターになってくれるお客様を失う可能性もゼロではありません。

もしキャッシュレス化が出来ていればお客様が望む支払い方法を選択可能になり満足度だけでなく利便性も向上します。そうすると少なくとも「支払い」という部分でお客様が離れていくことはなくなり、ビジネスにおける問題点を確実に一つ減らせることが出来ます

営業の効率化

次に実際の営業時にも大きなメリットを得ることが出来ます。具体的には現金の管理を極限まで減らすことが出来るという点です。これにより盗難や紛失といったリスクマネージメントが出来るだけでなく、支払い時の煩雑な手間を軽減することも出来ます。さらにお釣りの渡し忘れや金額の間違いといった現金でのやり取りにありがちな人的ミスも減らすことが可能になります。

経営のスリム化

キャッシュレス化することによって経営のスリム化を行うことが出来ます。キャッシュレス化する為の端末は現在はかなり小型化されています。キッチンカーの場合は特にスペースが限られていますので支払いの為にレジを設置することは難しいケースが多いと思いますが、小型化された手のひらサイズの端末であれば場所を取らずキッチンカーにも搭載可能になります

さらに業務的にもスリム化が出来ます。キッチンカーの経営は規模は小さくてもやるべき業務範囲は通常の飲食店と同じです。例えば売上管理や請求書関係の経理業務ももちろん含まれます。キッチンカーのオーナーの中には営業中に手書きで書いたりパソコンを置いて入力したりしている人もいますが、端末の種類によっては連携しているサービスでオンライン請求書が作成出来たり、さらにスタッフの出勤記録も出来る高性能なものまであり、手間のかかる業務の負担を減らし、その分新商品の開発などに時間を回すことが出来ます

どんなキャッシュレス化端末を選ぶべきか

スクエアターミナルの機能 キャッシュレス化

キッチンカー経営においてキャッシュレス化はもはや必要不可欠と言えますが、気になるのは導入コストです。冒頭で少し紹介したスクエアターミナルという端末は税込み46,980円で導入することが出来ます。しかも月額利用料などのコストは一切不要でスクエアターミナル本体を購入するだけで最短一日でキャッシュレスシステムを導入出来ます。※長期契約費、解約手数料、振込手数料、払戻手数料、明細出力費用、などの追加費用もかかりません(本体代金のみ)。

Square Terminal: 決済の全てをこれ1台で(飲食店: 30秒)

スクエアターミナルの機能

導入コスト46,980円でその後のランニングコストが一切不要なスクエアターミナスですが(通常のレシートの紙代のみ)、ここでおすすめしている理由はその安い料金面だけでなく、キッチンカーのみならず実店舗などにもすぐに導入可能な高い性能を持っているからです。

スクエアターミナルでキャッシュレス
多様な決済方法

クレジットカード、デビットカード、電子マネーなどあらゆるキャッシュレス決済に対応

タッチパネル付きで操作が簡単

ICチップ付きクレジットカード決済時にもタッチパネルで簡単暗証番号入力

レシートプリンター内臓

レシートの発行も可能
※熱印字なのでインクの購入も不要

完全ワイヤレス

大容量バッテリー搭載でインターネット環境があればどこでも決済可能

決済代金のスピード入金

決済代金の振込サイクルは毎週金曜日とスピーディ。さらに振込手数料は無料。
(※三井住友銀行・みずほ銀行の場合は最短翌営業日)

その他

スタッフ出退勤記録機能搭載(タイムカードやタイムレコーダーの購入不要)
サポート体制が充実(電話・メール・購入後30日以内の無料返品可)

導入にかかるコストが本体料金の46,980円(税込)ということだけでなく、上記のような充実した機能で簡単にキッチンカーのキャッシュレス化が可能ですのでこれから開業を目指す方、もしくは既に営業されている方にもおすすめです。

もっと詳しく知りたい方はコチラ【公式HP】

トップへ戻る